« ロータスら、エンジンコスト削減をFIA会長に直訴 | トップページ | メルセデスのニコ・ロズベルグ、 スーパーソフトタイヤを使用してテストでの最速タイムを記録 (ピレリ) »

2015/06/26

C.ホーナー代表(レッドブル)、「F1撤退の選択肢ない」

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
ルノー・スポール製のパワーユニットの戦闘力が不足しているとして、F1の元凶に不満を隠していないレッドブル・レーシングだが、一部メディアで噂になったようなF1撤退はないと釈明している。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表が示したもので、「われわれのボスであるマテシス氏(ディートリッヒ・マテシス:レッドブル・グループ/オーナー)が今のF1について酷評したのは事実だ。
しかし彼はこのスポーツを放棄しようとするのではなく、みんなで知恵を出し合ってより良いF1を構築しようというのがポリシーだ。
いまF1は人気が衰退しているとされるが、われわれは全員でこの苦境を脱し、かつてのような魅力を取り戻したいと願っているんだ。
そこには撤退という選択肢はない」と、参戦継続を強調した。

一度撤退を表明するとこの世界で急速にその存在感を失ってしまうのは、これまで歴史が繰り返してきたことである。

|

« ロータスら、エンジンコスト削減をFIA会長に直訴 | トップページ | メルセデスのニコ・ロズベルグ、 スーパーソフトタイヤを使用してテストでの最速タイムを記録 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61795661

この記事へのトラックバック一覧です: C.ホーナー代表(レッドブル)、「F1撤退の選択肢ない」:

« ロータスら、エンジンコスト削減をFIA会長に直訴 | トップページ | メルセデスのニコ・ロズベルグ、 スーパーソフトタイヤを使用してテストでの最速タイムを記録 (ピレリ) »