« カナダGPで修正されていたフレキシブルウィング | トップページ | レッドブル、フェラーリにエンジン変更の噂 »

2015/06/18

ミシュラン、2017年からのタイヤ供給に応札

Michelin Tyre (C)Renault F1 UK
拡大します
フランスの大手タイヤメーカーであるミシュランタイヤが、FIA(国際自動車連盟)が募集した2017年シーズンからのF1タイヤのサプライヤー公募に応札した模様だ。
現在F1単独サプライヤーとなっているピレリタイヤ(イタリア)との契約は2016年末までで、今回の公募は2017年から2019年末まで3年間のものになる。

同社のパスカル・クワノン/モータースポーツ・ディレクターは、「再びF1タイヤの供給へ名乗りを挙げるにあたり、われわれはF1をさらに盛り上げることに役立てるようさまざまなアイデアを検討してきた。
それらはすでにバーニー・エクレストン氏の元にも伝えてある。
現在、F1におけるタイヤのイメージは決して理想的なものではないが、われわれにはそれを払拭できる能力と自信がある」と、意欲をみせた。

噂ではミシュランは18インチ径のタイヤを推奨するなどしているとみられるが、少なくともエクレストン氏は再びタイヤ戦争が勃発することを望んでおらず、ピレリタイヤとの間で単独サプライヤーとしての契約を争うことになりそうだ。
なおミシュランが最後にF1を走ったのは2006年のことになる。

|

« カナダGPで修正されていたフレキシブルウィング | トップページ | レッドブル、フェラーリにエンジン変更の噂 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61758228

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン、2017年からのタイヤ供給に応札:

« カナダGPで修正されていたフレキシブルウィング | トップページ | レッドブル、フェラーリにエンジン変更の噂 »