« ライコネン(フェラーリ)、依然「予選が課題」 | トップページ | カナダGPフリー走行2回目は雨に見舞われる »

2015/06/06

フリー走行1回目、ハミルトン(メルセデス)最速

Gilles Villeneuve Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
5日(金)、ヨーロッパから北米に舞台を移したF1はカナダGPのフリー走行が行われた。
いずれのチームもドライバーの変更はなし。
1回目セッション開始前の気温は17度、路面温度は23度。
路面はドライコンディションで雨はないと報告されている。

90分間のセッションを終え、最速タイムを記録したのは本命のハミルトン(メルセデス)でベストタイム1'16.212をマークした。
これにチームメイトのロズベルグが0.415秒の差で続き、この2台だけが1分16秒台。
3番手はひさびさにロータスのグロージャンがスピードをみせた。
ただトップのハミルトンとは1.5秒以上もの差が付いた。

以下、4番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、5番手ベッテル(フェラーリ)、6番手マッサ(ウィリアムズ)、7番手クビアト(レッドブル)、8番手マルドナド(ロータス)、9番手アロンソ(マクラーレン)、10番手フェルスタッペン(トロ・ロッソ)という順。

ウィリアムズのボタスは11番手、フェラーリのライコネンは12番手、マクラーレンのバトンは15番手。
またサインツ(トロ・ロッソ)がピットレーンを出たところでストップするシーンがみられたが大きなトラブルやアクシデント等はなかった。

カナダGP:フリー走行1回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« ライコネン(フェラーリ)、依然「予選が課題」 | トップページ | カナダGPフリー走行2回目は雨に見舞われる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61701068

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行1回目、ハミルトン(メルセデス)最速:

« ライコネン(フェラーリ)、依然「予選が課題」 | トップページ | カナダGPフリー走行2回目は雨に見舞われる »