« ニキ・ラウダ氏、「ミスはチーム全員の責任」 | トップページ | フェラーリ・チーム代表、「ライコネンに宿題出す」 »

2015/05/26

マッサ(ウィリアムズ)、「経験の重要さ証明」

Felipe Massa (C)Williams F1
拡大します
今回のモナコGPでF1通算216戦というベテランになったウィリアムズ・チームのフェリッペ・マッサ(ブラジル)は、今回レーススチュワード(競技審査委員)からペナルティの対象となったトロ・ロッソのマックス・フェルスタッペン(17歳:オランダ)について、「F1には経験が必要であることを証明した」と、分析した。

「率直に言えば、まだ17歳という若さでのF1デビューは彼自身にとっても好ましくない若すぎる年令だということ。
もしも彼がもっと豊富な経験を積んだドライバーだったなら、あのシーンでオーバーテイクは仕掛けなかったことだろう。
あの時彼はまだグロージャン(ロータス)より前に出る権利はなかったからね。
今回は幸い誰も怪我することはなかったけれど、もしも彼自身が負傷するようなことがあったなら、必ずや『なぜまだ17歳の坊やにスーパーライセンスを発給させたんだ』と、責任追及がされたことだろう。
今回の件は、周囲にいるわれわれ大人全員の責任なんだ」

弱冠二十歳でF1デビューしたマッサもすでに34歳。
十分長老の範中に入りつつあるようだ。

|

« ニキ・ラウダ氏、「ミスはチーム全員の責任」 | トップページ | フェラーリ・チーム代表、「ライコネンに宿題出す」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61646626

この記事へのトラックバック一覧です: マッサ(ウィリアムズ)、「経験の重要さ証明」:

« ニキ・ラウダ氏、「ミスはチーム全員の責任」 | トップページ | フェラーリ・チーム代表、「ライコネンに宿題出す」 »