« ニコ・ロズベルグ、1ストップ戦略でモナコグランプリを制す (ピレリ) | トップページ | マッサ(ウィリアムズ)、「経験の重要さ証明」 »

2015/05/26

ニキ・ラウダ氏、「ミスはチーム全員の責任」

N.Lauda & J.Todt (C)Mercedes Motorsports
拡大します
痛恨の戦略ミスによりモナコGPでの1-2フィニッシュを逸したメルセデスAMGチームだが、その責任について元F1チャンピオンでもあるメルセデス・モータースポーツのニキ・ラウダ/CEOは、「ミスの責任はチーム全員にある」と戒めた。

「今回のミスについて、特定の人物の責任を追及するのは適当なことではない。
今回も勝利が間違いないとして、チーム全体に気の緩みがあったのではないか。
私は常にチーム無線を聞いているが、あまりに多くの人間が話しているため、そこには複数のストラテジー(戦略)が同時に飛び交っている。
こうした場合、高い立場から決定を下す人間が必要だった。
そしてそれはパディ・ロウ(テクニカル・エグゼクティブディレクター)になるだろう」

その混乱ぶりは、ハミルトンがピットインしてきた際フェラーリ・チーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネ氏が「驚いた」と告白していることでもわかる。

|

« ニコ・ロズベルグ、1ストップ戦略でモナコグランプリを制す (ピレリ) | トップページ | マッサ(ウィリアムズ)、「経験の重要さ証明」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61646282

この記事へのトラックバック一覧です: ニキ・ラウダ氏、「ミスはチーム全員の責任」:

« ニコ・ロズベルグ、1ストップ戦略でモナコグランプリを制す (ピレリ) | トップページ | マッサ(ウィリアムズ)、「経験の重要さ証明」 »