« サインツ&クビアトの審議は「お咎めなし」に | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「パーフェクトな週末」 »

2015/05/11

アロンソのブレーキトラブルは捨てバイザー原因か

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
昨日行われたスペインGP決勝レースで一時は7位を走るなど好走をみせたマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソだったが、26周目にマシントラブルから惜しくもリタイヤとなった。
ブレーキトラブルが原因とみられ、ピットに呼び戻されたアロンソの『MP4-30』は規定の位置に止まりきることができずにスタッフを弾くシーンが映し出されて波紋を呼んだ。

これについて関係者の説明によれば、右リヤのブレーキダクトにいわゆる捨てバイザーが詰まっていてダクトを塞いでいたのが確認されたとのことだ。
好調な勢いのままこの週末を過ごしていただけに、事実ならさぞ無念。

なお、そういうことで先にバトンを悩ませたブレーキトラブルとは異なる事例と言えそうだ。

|

« サインツ&クビアトの審議は「お咎めなし」に | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「パーフェクトな週末」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61572364

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソのブレーキトラブルは捨てバイザー原因か:

« サインツ&クビアトの審議は「お咎めなし」に | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、「パーフェクトな週末」 »