« メルセデスのルイス・ハミルトンがFP1とFP2で最速タイムを記録: 激しい雨の影響により、FP2での走行はごくわずかに (ピレリ) | トップページ | 「ジュール・ビアンキ、膠着状態続く」と、父親 »

2015/05/23

ピレリ、「タイヤ規格変更ならテスト不可欠」

Pirelli F1 Tyre (C)Pirelli Motorsport
拡大します
『F1ストラテジーグループ』の提言からF1タイヤの規格変更が現実的な課題になっているが、これについて一番の当事者であるピレリタイヤでは「変更ならシーズン中のテストが絶対に必要」と主張している。

いまF1タイヤについて話題になっているのは、2016年から週末に使う2種類のコンパウンドをドライバー&チーム側が選べるというもの。
さらに2017年からはタイヤのワイド化や18インチへの大口径化なども検討課題とされている。

しかしこれについてピレリのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは、「ラップタイムを現在のものから4-5秒も短縮させようというのは尋常じゃない。
それなら今のように、シーズン前に寒いヘレス(スペイン)でテストをしてお茶を濁す訳にはいかない。
たとえシーズン中であっても、もっと条件のいい時期に集中テストを行うことが不可欠だ。
万一不測の事態が起きたとして、その原因がわれわれに押しつけられたのでは敵わないからね」と、主張している。

|

« メルセデスのルイス・ハミルトンがFP1とFP2で最速タイムを記録: 激しい雨の影響により、FP2での走行はごくわずかに (ピレリ) | トップページ | 「ジュール・ビアンキ、膠着状態続く」と、父親 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61631000

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、「タイヤ規格変更ならテスト不可欠」:

« メルセデスのルイス・ハミルトンがFP1とFP2で最速タイムを記録: 激しい雨の影響により、FP2での走行はごくわずかに (ピレリ) | トップページ | 「ジュール・ビアンキ、膠着状態続く」と、父親 »