« ロズベルグ(メルセデス)、「パーフェクトな週末」 | トップページ | また現実味増した?アウディのF1参戦 »

2015/05/11

「ピットストップは怖ろしかった」と、アロンソ(マクラーレン)

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
この週末、好調な勢いを維持しながら日曜日を迎えたマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソだったが、決勝レース中に想定外のブレーキトラブルに見舞われ、無念の戦線離脱を余儀なくされた。

「急速にブレーキの調子が悪くなり、ピットに戻る際にはもうコーナー毎に悪化していって、最後にピットで止まるのはとても怖かった。
メカニックはもっと怖かっただろうけどね。
全然怪我人が出なかったのはほんとうに幸運なことだったよ。
バトンに起きたのとは全然違う問題。
あちらはディテスクの一つが暖まらなかったんだけど、こっちはオーバーヒートだからね。
おそらく最後はフロント2輪しか(ブレーキは)生きてなかったと思うよ」と、地元の英雄。

別掲のように、トラブルの原因は不運にも他車の捨てバイザーを拾ったことによるようだ。

|

« ロズベルグ(メルセデス)、「パーフェクトな週末」 | トップページ | また現実味増した?アウディのF1参戦 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61572511

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピットストップは怖ろしかった」と、アロンソ(マクラーレン):

« ロズベルグ(メルセデス)、「パーフェクトな週末」 | トップページ | また現実味増した?アウディのF1参戦 »