« 『ARTグランプリ』、新規参戦に名乗りか | トップページ | ウィリアムズ・チーム、「モナコは特別な所だった」 »

2015/05/30

エクレストン氏、インドGP復活に積極姿勢

Budda Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、2013年を最後に開催が途絶えているインドGPについて、復活を期待する発言をして注目されている。

2011年に同氏肝煎りのイベントとしてヘルマン・ティルケ氏デザインの仏陀国際サーキットを舞台にスタートしたインドGPだったが、国民のレースに対する無関心さに加え、税金、関税など財政関連にも問題が露呈、わずか3回の開催で途絶えてしまった。

しかしエクレストン氏は主催者のJPSI(ジャイピー・スポーツ・インターナショナル)とその後も交渉を継続していて、2016年以降の復活開催に向けてその可能性が今回報じられたもの。

なお3回のレースはいずれもレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテルが優勝しているが、F1にはインド系のフォース・インディア・チームがあるなど復活への期待も大きいようだ。

|

« 『ARTグランプリ』、新規参戦に名乗りか | トップページ | ウィリアムズ・チーム、「モナコは特別な所だった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61666658

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、インドGP復活に積極姿勢:

« 『ARTグランプリ』、新規参戦に名乗りか | トップページ | ウィリアムズ・チーム、「モナコは特別な所だった」 »