« ボタスに跳ね馬チーム入りの可能性も | トップページ | FOM、韓国GP主催者に120億円の制裁金 »

2015/05/05

G.ハース代表、「黄色いフェラーリなんかじゃない」

Gene Haas (C)Haas Formula LLC
拡大します
2016年シーズンの新規参戦が決まっているハースF1チームのジーン・ハース代表は、このところメディアから揶揄される「黄色いフェラーリ」との見方について、これを強く否定した。

これはドイツの『モータースポーツ・トータル・コム』に語ったもので、その中でこの野心的なアメリカ人は、「一部でわれわれがフェラーリのBチームだのジュニア・チームだのなんて言われていることは知っている。
でも、その意味がわからないよ。
確かにわれわれはフェラーリからパワーユニットとギヤの提供を受けることになっているが、そんなF1チームは他にいくらでもあるだろう。
マシンはデザインもシャシーもすべて自分で開発するし、ドライバーの選定やチームの運営について他の誰からも指示は受けない。
それでもウチがフェラーリのBチームだと言うのかい」と、不満げな表情。

それでもスポーツカー・メーカーが本業であるフェラーリにとって、アメリカ市場が最大の重要拠点であるのは明確な事実という背景がある。

|

« ボタスに跳ね馬チーム入りの可能性も | トップページ | FOM、韓国GP主催者に120億円の制裁金 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61541095

この記事へのトラックバック一覧です: G.ハース代表、「黄色いフェラーリなんかじゃない」:

« ボタスに跳ね馬チーム入りの可能性も | トップページ | FOM、韓国GP主催者に120億円の制裁金 »