« ミカ・ハッキネン氏は、フェルスタッペン擁護 | トップページ | ピレリタイヤ、「18インチへの移行に問題なし」 »

2015/05/29

FIA会長、『F1アルコール広告禁止』を拒否

Johnnie Walker (C)McLaren Group
拡大します
FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長は、F1における『アルコール広告禁止』についてその考えがないことを明らかにした。
これは、「ユーロケア(EAPA:ヨーロッパ・アルコールポリシー・アライアンス)から提出された上記広告禁止の要求に対し、応じない方針を決めたもの。

ユーロケアによれば、2010年に欧州で飲酒運転により死亡した人の数は交通事故死亡者数の25%に及ぶという。
また昨年のモナコGPで「5秒に1度の割合でアルコールの広告が映像に映り込んでいる」としてF1が及ぼす青少年への影響に懸念を示している。
しかしトッド会長は「飲酒運転を撲滅する運動」には理解を示したものの、広告禁止要請には応じ要請には応じられない方針を明らかにした。

なお現在F1チームのスポンサーになっているアルコール関連企業はマクラーレンの「ジョニーウォーカー」、ウィリアムズり「マルティニ」、フォース・インディアの「スミノフ」等がある。

|

« ミカ・ハッキネン氏は、フェルスタッペン擁護 | トップページ | ピレリタイヤ、「18インチへの移行に問題なし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61661583

この記事へのトラックバック一覧です: FIA会長、『F1アルコール広告禁止』を拒否:

« ミカ・ハッキネン氏は、フェルスタッペン擁護 | トップページ | ピレリタイヤ、「18インチへの移行に問題なし」 »