« メキシコGPチケット、すでに完売の報 | トップページ | バトン、新人サインツ(トロ・ロッソ)を高く評価 »

2015/05/19

ウォルフ氏(メルセデス)、「F1は史上最速になる」

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、現在改革が進められているF1の将来について言及、「F1はかつてないほど速くなる」とその進化に期待をみせた。

それによればF1マシンはエアロダイナミックスの見直し、ワイドタイヤの採用、さらにマシンの軽量化、さらにエンジンの高回転化等により現在よりラップタイムが5-6秒も速くなる可能性があるという。

「速いF1は何よりもモータースポーツの頂点として重要なこと。
これらの改良が進められれば、間違いなくF1はスピードを取り戻し、観客はエキサイティングな感動に酔いしれることだろう」と、ウォルフ氏。

F1フリー走行にはGP2ドライバーが参加するケースが多いが、いずれも「F1よりGP2のほうが速いかも」との感想で、関係者の面目を失わせているのが実情だ。

|

« メキシコGPチケット、すでに完売の報 | トップページ | バトン、新人サインツ(トロ・ロッソ)を高く評価 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61606977

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルフ氏(メルセデス)、「F1は史上最速になる」:

« メキシコGPチケット、すでに完売の報 | トップページ | バトン、新人サインツ(トロ・ロッソ)を高く評価 »