« マクラーレン・ホンダ、カラーリング変更の噂 | トップページ | イランで新サーキット建設計画 »

2015/05/04

アロンソ、「ドライバーにとって迫力不足のF1」

Fernando Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
元2回のF1チャンピオンに輝くフェルナンド・アロンソ(33歳:スペイン)が現代のF1について言及、「迫力に欠けている」と、自身の見解を示した。

「たまに友人とカート場に行くと、たった50キロしか出ていないのにその迫力と楽しさに圧倒されるんだ。
モータースポーツの醍醐味はこれだ!ってね。
でも(本業の)クルマのほうはどうなんだろう。
いいかい、先の中国GPでは2004年の頃よりも1周で10秒も遅くなっているんだよ。
当然のこと、モータースポーツの頂点として物足りない。
運転していてものすごくスピードが遅く感じられるんだから。
でもF1のレギュレーションを考えるのは僕たちじゃない。
このスポーツではマニュファクチャラーのほうが力を持っていて、彼らが自分たちの将来のためにルールを考える、それが今のF1マシンなんだよ。
そして彼らはまた2017年にもレギュレーションを変更するらしいね」と、皮肉った。

|

« マクラーレン・ホンダ、カラーリング変更の噂 | トップページ | イランで新サーキット建設計画 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61535880

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ、「ドライバーにとって迫力不足のF1」:

« マクラーレン・ホンダ、カラーリング変更の噂 | トップページ | イランで新サーキット建設計画 »