« ピレリ、次の4戦のタイヤスペックを発表 | トップページ | ピレリ、スペイン、モナコ、カナダ、オーストリアグランプリのタイヤ選択を発表 »

2015/04/23

メルセデス首脳、「まだ慌てる時期じゃない」

L.Hamilton & N.Lauda (C)Mercedes Motorsports
拡大します
第2戦のマレーシアGPこそフェラーリ・チームのベッテルに優勝を奪われたメルセデスAMGチームだったが、その後は再び中国、バーレーンと連続してレースを制し王者としての威厳を取り戻しつつあるようだ。

これについてメルセデス・モータースポーツのニキ・ラウダ/CEOは、「まだ慌てる時期じゃない」として余裕をみせている。

「まだ開幕4戦を終えたばかり。
シーズンは長いんだ、まだアタフタする時期じゃないよ。
われわれは1年を見通してのサイクルで開発スケジュールを考えている。
もちろんヨーロッパ・ラウンドが始まる次のスペインGPではバージョンアップを考えているが、これは開幕前から予定していたもの」と、元チャンピオンは伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に語った。

一方、ライバルであるフェラーリ・チームのほうは早くも次のステップに行くのではないか、と噂されているがベッテルはまだ2基目。
後戻りはできないため貴重なカードを切るには慎重にならざるを得ないだろう。

|

« ピレリ、次の4戦のタイヤスペックを発表 | トップページ | ピレリ、スペイン、モナコ、カナダ、オーストリアグランプリのタイヤ選択を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61480696

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、「まだ慌てる時期じゃない」:

« ピレリ、次の4戦のタイヤスペックを発表 | トップページ | ピレリ、スペイン、モナコ、カナダ、オーストリアグランプリのタイヤ選択を発表 »