« スペイン統括団体会長、「アロンソは挑戦を選んだ」 | トップページ | F1カレンダー、2016年はさらにハードに »

2015/04/29

ハミルトン、それでもメルセデスとの契約完了否定

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
シーズン前から幾度もニュースになっているルイス・ハミルトンとメルセデスAMGチームとの新契約交渉だが、今回再びドイツの『スポルト・ビルド』誌が契約完了を報道、しかしそれでも両者は共にこれを否定している。

これについてハミルトンは、「まだ契約はサインしていないよ。
もうまもなく完了する段階にあることは認めるけどね。
バルセロナ(次戦スペインGPの開催地)でまとまればいいね」と、屈託がない。
一方メルセデス・モータースポーツのニキ・ラウダ/CEOも「まだすべてが終わっていない。
それまでは何も話せないよ」と、思わせぶり。

公表されていないその契約金額について、英『BBCスポーツ』の憶測では基本契約が年間3,100万ドル(約36億9,000万円)で、レース優勝とチャンピオン獲得のオブションを加えた場合4,000万ドル(約48億円)程度であるとも報じられていて、3年+オブションを加えた5年間となれば最大240億円にも達することになる。
しかしいまだに契約がまとまらない原因は金銭面ではなく、ハミルトンが要求する「明確なナンバーワン待遇」について、すでに完了しているロズベルグとの契約に干渉するため、とみられている。

|

« スペイン統括団体会長、「アロンソは挑戦を選んだ」 | トップページ | F1カレンダー、2016年はさらにハードに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61510269

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン、それでもメルセデスとの契約完了否定:

« スペイン統括団体会長、「アロンソは挑戦を選んだ」 | トップページ | F1カレンダー、2016年はさらにハードに »