« フェラーリ首脳、さっそく風洞禁止に反発 | トップページ | 元F1エンジニア、『EV』の世界に »

2015/04/07

アロンソ(マクラーレン)に睡眠薬過剰投与説

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
シーズン前テストで起こしたクラッシュの影響で、移籍後最初の開幕戦を欠場するという事態になったマクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソだが、影響が長引いた原因として新たに「睡眠薬の過剰投与説」が浮上している。

それによればクラッシュ後、医療用ヘリコプターで地元バルセロナ市内の病院に搬送されたアロンソに、体調を安定させるために投与された睡眠薬が誤って2度繰り返された、と指摘されているもの。

これが事実であればアロンソが入院後記憶を失っていた事実とも符合するということだが、事実関係はまだ確認されていない。

|

« フェラーリ首脳、さっそく風洞禁止に反発 | トップページ | 元F1エンジニア、『EV』の世界に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61401884

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)に睡眠薬過剰投与説:

« フェラーリ首脳、さっそく風洞禁止に反発 | トップページ | 元F1エンジニア、『EV』の世界に »