« 上海サーキット、観客コース侵入の椿事 | トップページ | マクラーレン首脳、「エンジン・シャシー両面で進歩」 »

2015/04/11

初体験J.パーマー(ロータス)、「最高の経験」

Jolyon Palmer (C)Lotus F1 Team
拡大します
10日(金)行われた中国GPフリー走行1回目セッションにロータス・チームから出走したジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)は「最高の経験だった」と、その印象を語った。

「F1マシンを自分の手で、しかも他のF1ドライバーと一緒に走るというのは夢だったから今日は僕にとって最高の経験になった。
ただ上海サーキットを走るのはこれが初めてだったのでまずコースを覚えるところからスタートしなければならなかったけれど、なんせコースがグリーン(路面のグリップがない)だったので滑りやすくマシンをコースに留めるのが大変だった。
それでも初めての『E23』で全体の15位は悪くなかったと思っているよ」と、パーマー。

まだフリー1回目とはいえパーマーはフォース・インディア、マクラーレン・ホンダ、マノー・フェラーリらよりも上に名前を表示させた。

ジョリオンは、かつて「フライング・ドクター」として名を馳せた元F1ドライバーであるジョナサン・パーマー氏(58歳:イギリス)の子息。
2014年はDANSチームからGP3シリーズに参戦、みごとルイス・ハミルトン以来となるイギリス人チャンピオンに輝いた逸材だ。

|

« 上海サーキット、観客コース侵入の椿事 | トップページ | マクラーレン首脳、「エンジン・シャシー両面で進歩」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61421050

この記事へのトラックバック一覧です: 初体験J.パーマー(ロータス)、「最高の経験」:

« 上海サーキット、観客コース侵入の椿事 | トップページ | マクラーレン首脳、「エンジン・シャシー両面で進歩」 »