« ペレス(F・インディア)、「最下位争いは不本意」 | トップページ | 中国GPフリー2回目、マクラーレン・ホンダ上向き »

2015/04/10

中国GPフリー1回目、新人ナスル5番手

Shanghai Circuit (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
10日(金)、2015年シーズン第3戦中国GPが上海サーキットを舞台にスタートした。
天候は晴れで路面はドライコンディション、セッション開始時の気温13度、路面温度は27度と前戦よりも低めの数字が報告されている。
なおこのセッション、既報のようにロータス・チームはグロージャンに代えリザーブドライバーであるジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)を起用している。
なお今週末提供されたドライタイヤはソフトタイヤとミディアムタイヤの2種類となっている。

90分間のセッションを終え、やはり最速はメルセデスAMG勢でトップタイムを記録したのはハミルトンで1'39.033というもの。
2番手僚友ロズベルグとは0.541秒の差があった。
これに続いたのは好調フェラーリ勢でベッテル、ライコネンの順。
5番手同じくフェラーリ・パワーの新人ナスル(ザウバー)、6-7番手リカルド&クビアトのレッドブル勢、8番手サインツ(トロ・ロッソ)、9-10番手がウィリアムズのボタス&マッサだった。

マクラーレン・ホンダはバトン13番手、アロンソ17番手。
ロータスのパーマーは15番手、マノー・マルシア勢は19-20番手だった。

中国GP:フリー走行1回目の結果はこちら
中国GPの画像はこちら

|

« ペレス(F・インディア)、「最下位争いは不本意」 | トップページ | 中国GPフリー2回目、マクラーレン・ホンダ上向き »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61417566

この記事へのトラックバック一覧です: 中国GPフリー1回目、新人ナスル5番手:

« ペレス(F・インディア)、「最下位争いは不本意」 | トップページ | 中国GPフリー2回目、マクラーレン・ホンダ上向き »