« Q1突破アロンソ(マクラーレン)、「うれしいサプライズ」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、「思い通りのマシン」 »

2015/04/19

マクラーレン・ホンダ、ERSに明と暗

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
バーレーンGPの公式予選でアロンソが今シーズン初となるQ2進出を決めた一方でバトンのほうはアタックすることもできずにマシンを降りる羽目に。
ホンダによれば、その要因がいずれもERS(エネルギー回生システム)に関連するものということで、まさにERSが明暗を分けた様相だ。

「中国から時間を置かずにバーレーンGPを迎えたが、ERS(エネルギー回生システム)の作動を効率よく改善することに進化があり、それがアロンソのQ2進出に貢献したものと考えている。
しかし一方でバトンのマシンに起きたトラブルもまたERSに繋がる電気系のものと想像されている」と、ホンダの新井康久/F1プロジェクト総責任者。

バトンは「アロンソがQ2に進出したことは大きな力。
今のわれわれにはそれだけの力があると思っていたからね。
しかしまずはレースを戦える信頼性が必要だ」と、語っている。
日曜日の決勝レース、バトンは最後尾からのスタートになる見込みだ。

|

« Q1突破アロンソ(マクラーレン)、「うれしいサプライズ」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、「思い通りのマシン」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61461586

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダ、ERSに明と暗:

« Q1突破アロンソ(マクラーレン)、「うれしいサプライズ」 | トップページ | PPハミルトン(メルセデス)、「思い通りのマシン」 »