« 完走バトン(マクラーレン)、「いい滑り出しになった」 | トップページ | 「エンジンが違う」と、マッサ(ウィリアムズ)不満 »

2015/03/16

新井康久氏(ホンダ)、「チームにとって大きな前進に」

新井康久(ホンダ)(C)Honda Racing
拡大します
バトンが完走を果たしたのに対し、マグヌッセンのマシンがレーススタートを待たずにトラブルに見舞われたことに、ホンダF1の新井康久氏は次のように言及した。

「まずはマグヌッセンのマシンにトラブルが起きてしまったことが悔やまれる。
彼にとってはとても重要なレースだっただけに申し訳なく思っている。
原因についてはまだマシンが戻っていないので確かめられないが、戻り次第エンジンカバーを開けて究明に掛かりたいと思っている。
その一方で、バトンが完走してくれたことには感謝している。
今日のマクラーレン・ホンダのパフォーマンスは明らかに期待したレベルのものではないし、課題が山積していることに直面させられたが、彼の完走で多くの貴重なデータが得られたことには手応えを感じている。
次のマレーシアは高温多湿で条件が厳しくなるのでさらに困難なレースになるだろうと覚悟している」

|

« 完走バトン(マクラーレン)、「いい滑り出しになった」 | トップページ | 「エンジンが違う」と、マッサ(ウィリアムズ)不満 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61289104

この記事へのトラックバック一覧です: 新井康久氏(ホンダ)、「チームにとって大きな前進に」:

« 完走バトン(マクラーレン)、「いい滑り出しになった」 | トップページ | 「エンジンが違う」と、マッサ(ウィリアムズ)不満 »