« ルイス・ハミルトン、P Zeroイエロー・ソフトタイヤでポール獲得 (ピレリ) | トップページ | 今季初PPハミルトン(メルセデス)、「いいレースしたい」 »

2015/03/15

新井康久氏(ホンダ)、「両ドライバーの熱意に感謝」

新井康久(ホンダ)(C)Honda Racing
拡大します
復活したマクラーレン・ホンダにとって最初の公式予選はバトン&マグヌッセン共にQ1敗退というほろ苦いものになったが、ホンダF1プロジェクトの責任者である新井康久氏/専務執行役員は次のように感謝の意を表した。

「まず最初に言いたいのは、困難な状況にもかかわらず両ドライバーが高い信頼と強い決意を持って挑戦し続けてくれていること。
彼らの努力には感謝している。
もちろんこのポジションはわれわれが望んだものではないが、彼らと共にチーム一丸となって前進を図っているところ。
今日はそもそも高いポジションを望める状況ではなかったので慎重な姿勢で予選に臨んだ。
マクラーレンとホンダのプロジェクトは、いまやっと歩み始めたばかり。
明日のレースはその最初の一歩ということになる」

関係者によれば、ホンダは徒にエンジンを浪費させないため、今回の予選ではかなり控え目なマッピングで臨んだとみられている。

|

« ルイス・ハミルトン、P Zeroイエロー・ソフトタイヤでポール獲得 (ピレリ) | トップページ | 今季初PPハミルトン(メルセデス)、「いいレースしたい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61283372

この記事へのトラックバック一覧です: 新井康久氏(ホンダ)、「両ドライバーの熱意に感謝」:

« ルイス・ハミルトン、P Zeroイエロー・ソフトタイヤでポール獲得 (ピレリ) | トップページ | 今季初PPハミルトン(メルセデス)、「いいレースしたい」 »