« セパン・サーキット、マレーシアGP開催契約延長 | トップページ | マルコ博士、「ベッテルの優勝予想」で賞金ゲット »

2015/03/31

「マノー・マルシアは最初から1台作戦」と批判

Manor Marussia
拡大します
せっかく2台共に決勝レース出走の機会を得ながら、マシントラブルを理由にメルヒ1台だけの参戦となったマノー・マルシアだが、これについて他チームからある『疑惑』が指摘されて話題になっている。

これはフォース・インディアのボブ・ファーンリー/副代表が指摘したもので、それによれば最初からマノー・マルシアは1台しか走らせる意思がなかったというもの。
これを土台に再考してみると、確かにどのセッションにおいても2台が同時にガンガン走ったというセッションはない。
特に、最も重要な公式予選と決勝レースにおいては1台だけしか走行していないことが確認される。

同副代表は「マノー・マルシアは最初から1台分だけの燃料やパーツしか用意されてなかった」と、その対応を問題視している。

|

« セパン・サーキット、マレーシアGP開催契約延長 | トップページ | マルコ博士、「ベッテルの優勝予想」で賞金ゲット »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61364666

この記事へのトラックバック一覧です: 「マノー・マルシアは最初から1台作戦」と批判:

« セパン・サーキット、マレーシアGP開催契約延長 | トップページ | マルコ博士、「ベッテルの優勝予想」で賞金ゲット »