« 不出走マノー、主張認められ「お咎めなし」 | トップページ | 今季初勝利ハミルトン、「完全にコントロールした」 »

2015/03/16

レッドブル首脳、トロ・ロッソの売却交渉認める

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
傘下にレッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソという二つのF1チームを擁するレッドブル・グループだが、一部で噂になっている「トロ・ロッソの売却話」について、グループ首脳がこれを認める発言をして注目を集めている。

認めたのはレッドブル・グループでレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士で、それによれば噂通りF1ワークス参戦の復活を目指すルノーとの間で交渉をしているというもの。
ただその形態が完全なチーム売却になるのか、強力なパートナーシップの構築になるのかは交渉中という。
ルノー・グループを率いるカルロス・ゴーン/CEOは、現在のルノー・エンジンの不振に業を煮やしていると伝えられる。

なお、別に浮上したフォルクスワーゲン社への売却という可能性は、これを「まったく聞いていない」と否定した。

|

« 不出走マノー、主張認められ「お咎めなし」 | トップページ | 今季初勝利ハミルトン、「完全にコントロールした」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61288790

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、トロ・ロッソの売却交渉認める:

« 不出走マノー、主張認められ「お咎めなし」 | トップページ | 今季初勝利ハミルトン、「完全にコントロールした」 »