« 初戦欠場のボタス、コクピット内のレイアウト改善 | トップページ | マレーシアGPフリー1回目、アロンソ(マクラーレン)復帰 »

2015/03/27

マノー・マルシアに「光明」、エンジンに火

Manor Marussia Garage
拡大します
2週間前の開幕戦オーストラリアGPではガレージに待機しながらも最後までコースに出ることのなかったマノー・マルシアF1チーム(旧マルシア)だが、マレーシアGPのため再起を期して乗り込んだクアラルムプールのガレージで幸先の良い出来事があった。

これは金曜日の公式セッションがスタートする前日の26日(木)、搭載したフェラーリ・エンジンに初めて火が入った(始動)ことだ。

当たり前のことと思われるが、同チームは前身であるマルシアF1チーム破綻の際にすべてのコンピュータ・ソフトウェアが消去されたということで、まさにゼロから作業をスタートさせなければならないハードワークの上でのこと。

同チームのツイッターには「ガレージの中にフェラーリ製パワーユニットの甘い音と香りが漂った」と、その喜びが表現された。

|

« 初戦欠場のボタス、コクピット内のレイアウト改善 | トップページ | マレーシアGPフリー1回目、アロンソ(マクラーレン)復帰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61344019

この記事へのトラックバック一覧です: マノー・マルシアに「光明」、エンジンに火:

« 初戦欠場のボタス、コクピット内のレイアウト改善 | トップページ | マレーシアGPフリー1回目、アロンソ(マクラーレン)復帰 »