« 小林可夢偉F1交渉の噂、マネージャーが否定 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、復帰に向け日曜日にも医療検査 »

2015/03/20

マノー・マルシア代表、「復活はビアンキのお陰」

John Booth (C)Marussia F1 Team
拡大します
オーストラリアGPでは結局コースに出ることが叶わなかったものの、昨季ロシアGP以来となるF1復活を果たしたマノー・マルシアF1チーム(旧マルシア)、同チームのジョン・ブース代表は「われわれが復活できたのはビアンキのお陰」と、かつてのレースドライバーに言及した。
これは今なお母国フランスの病院で療養を続けるジュール・ビアンキ(25歳:フランス)にエールを贈ったものだ。

「私はマルシアF1が2015年にまた復活できたのはジュール・ビアンキの貢献が大きかったと確信しているんだ。
言うまでもなく彼がモナコGPで獲得してくれた貴重な2ポイントのお陰で、チームは大きな報酬を手にすることが確約された。
もしこれがなければ、チームはおそらく2014年限りで消滅していたことだろう」

噂では、この2ポイント獲得によりチームが今季FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)から得る分配金は3千万ポンド(当時約56億円)にも上がったとみられている。

|

« 小林可夢偉F1交渉の噂、マネージャーが否定 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、復帰に向け日曜日にも医療検査 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61308449

この記事へのトラックバック一覧です: マノー・マルシア代表、「復活はビアンキのお陰」:

« 小林可夢偉F1交渉の噂、マネージャーが否定 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、復帰に向け日曜日にも医療検査 »