« アロンソ(マクラーレン)、「これがテスト2日目の感じ」 | トップページ | ルノー首脳、「コストに見合わなければ撤退も」 »

2015/03/28

新井康久氏(ホンダ)、「進化果たすも前途は長い」

新井康久(ホンダ)(C)Honda Racing
拡大します
マクラーレン・チームへのエンジン・サプライヤーとして復帰2戦目を迎えたホンダ、同社のF1プロジェクトをリードする新井康久氏/専務執行役員はその進化に手応えを感じているようだ。

「オーストラリアの後、この週末に向けてパワーユニットの開発熟成、そして調整を進めてきた。
まだわれわれと上位とは大きなギャップがあって満足できるようなリザルトではないが、しかし確実に前進していることは間違いなく感じられた。
幸い、マシンの信頼性も向上してきていて、とにかく走れるというのは開発を進める上で励みになるものだ。
前途は長いが明日の公式予選に向けさらに熟成を図りたい」

また同氏はマレーシアでの大きな問題は熱処理にあるとも言及した。
ホンダのパワーユニットはかなりコンバクト化を進めたということでこの点にも注目が集まる。

|

« アロンソ(マクラーレン)、「これがテスト2日目の感じ」 | トップページ | ルノー首脳、「コストに見合わなければ撤退も」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61348927

この記事へのトラックバック一覧です: 新井康久氏(ホンダ)、「進化果たすも前途は長い」:

« アロンソ(マクラーレン)、「これがテスト2日目の感じ」 | トップページ | ルノー首脳、「コストに見合わなければ撤退も」 »