« レッドブルがF1の現状に不満、撤退も示唆 | トップページ | フェラーリF1のOBも今回の躍進に感嘆 »

2015/03/17

P.ザウバー氏、それでもカルテンボーン/CEO擁護

Peter Sauber & Monisha Kaltenborn (C)Sauber Motorsport
拡大します
オーストラリアGPでは勝訴したギド・ヴァン・デル・ガルデ側が鉾を収めたため無事エリクソン&ナスルというドライバー・ラインナップで戦うことができたザウバー・チームだが、次のマレーシアGPでも再び困難な状況が待ち受けている。

その原因といえばチームが契約をミスしたためということで、責任はモニシャ・カルテンボーン/CEOにあると指摘されている。
しかしそれでも「彼女がいなかったらザウバー・チームは消滅していただろう」と、チームの創設者でもあるペーター・ザウバー氏はその能力を擁護した。

「何回も聞かれているが、彼女がこれで辞任することはない。
もし彼女がいなかったら、このチームはとっくに消滅していた筈。
彼女にはそれだけの実績があるということなんだ。
デル・ガルデとの問題はまだ係争中でこの先どうなるかわからないが、私はきっとうまく解決すると信じているよ」と、71歳のスイス人。

今回の騒動を受け、同氏は急きょスイスからオーストラリアに駆け付けたということだ。

|

« レッドブルがF1の現状に不満、撤退も示唆 | トップページ | フェラーリF1のOBも今回の躍進に感嘆 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61293799

この記事へのトラックバック一覧です: P.ザウバー氏、それでもカルテンボーン/CEO擁護:

« レッドブルがF1の現状に不満、撤退も示唆 | トップページ | フェラーリF1のOBも今回の躍進に感嘆 »