« ルノー首脳、「コストに見合わなければ撤退も」 | トップページ | 昨年の最高路面温度に迫る56℃という高い路面温度により 摩耗とデグラデーションは高いレベルに (ピレリ) »

2015/03/28

マレーシアGPフリー3回目、ロズベルグ(メルセデス)最速

Nico Rosberg (C)Mercedes Motorsports
拡大します
公式予選を前に、28日(土)午後マレーシアGPのフリー走行3回目セッションがセパン・サーキットで行われた。
天候は晴れ、路面はドライコンディションで、セッション開始時の気温は33度、路面温度は61度とこれまでになく上昇と報告されている。

特に赤旗中断等もなくたんたんとセッションは終了。
トップタイムを記録したのはやはりメルセデスAMGで、今回は再びロズベルグが最速。
ベストタイムは1'39.690というものだった。
2番手も僚友ハミルトンが0.183秒差で続き、この2台だけが1分40秒を切った。

以下3-4番手にフェラーリのライコネン&ベッテル、5-6番手にウィリアムズのマッサ&ボタス、7番手リカルド(レッドブル)、8-9番手にトロ・ロッソのサインツ&フェルスタッペン、10番手にザウバーのエリクソンが続いた。

マクラーレン・ホンダは一時トップ10入りするなどスピードを上げたアロンソが15番手、バトンは18番手だった。
またマノー・マルシアは今度はメルヒが107%以内のタイムを記録したもののスティーブンスのほうがわずかに届かなかった。

マレーシアGP:フリー走行3回目の結果はこちら
マレーシアGPの画像はこちら

|

« ルノー首脳、「コストに見合わなければ撤退も」 | トップページ | 昨年の最高路面温度に迫る56℃という高い路面温度により 摩耗とデグラデーションは高いレベルに (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61350718

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアGPフリー3回目、ロズベルグ(メルセデス)最速:

« ルノー首脳、「コストに見合わなければ撤退も」 | トップページ | 昨年の最高路面温度に迫る56℃という高い路面温度により 摩耗とデグラデーションは高いレベルに (ピレリ) »