« 高温で路面の粗いマレーシアに P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroオレンジ・ハードが登場 (ピレリ) | トップページ | ウィリアムズ・チームに戒告ペナルティ »

2015/03/27

マレーシアGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)最速

Sepang Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
27日(金)午後、マレーシアGPのフリー走行2回目セッションがセパン・サーキットで行われた。
引き続き天候は晴れ、路面はドライコンディションで、セッション開始時の気温は32度、路面温度は58度と午前のセッションより大幅に上昇している。

ここでは1回目のフリー走行でマシントラブルに見舞われたメルセデスAMGのハミルトンが復活し、ただ1人1分39秒台に入れる1'39.790をマーク、堂々最上位に立った。
2番手に好調ライコネン(フェラーリ)でハミルトンとは0.373秒の差。
3番手ロズベルグ(メルセデス)、4番手クビアト(レッドブル)、5-6番手ウィリアムズのボタス&マッサ、7番手ベッテル(フェラーリ)、8番手フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、9番手エリクソン(ザウバー)、そして10番手がリカルド(レッドブル)となった。

マクラーレン・ホンダは25周したアロンソが16番手、24周のバトンは17番手。
アロンソとトップとの差は2.343秒というものだった。
また新顔マノー・マルシアは19番手のスティーブンスがトップと5.541秒差、20番手のメルヒは7.439秒差、そのメルヒは11コーナーでコースアウト、赤旗中断の原因を作っている。

マレーシアGP:フリー走行2回目の結果はこちら
マレーシアGPの画像はこちら

|

« 高温で路面の粗いマレーシアに P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroオレンジ・ハードが登場 (ピレリ) | トップページ | ウィリアムズ・チームに戒告ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61346030

この記事へのトラックバック一覧です: マレーシアGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)最速:

« 高温で路面の粗いマレーシアに P Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroオレンジ・ハードが登場 (ピレリ) | トップページ | ウィリアムズ・チームに戒告ペナルティ »