« F1固定カーナンバー、2年で失効に | トップページ | ホンダ首脳、それでも「準備はできている」 »

2015/03/04

B.エクレストン氏、弱小チームに賞金前払いの措置

Image (C)Williams F1
拡大します
プライベートチームの多くに深刻な財政難が伝えられる中、F1の商業面を司るFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)は一部チームに賞金の前払いという形で参戦への支援を行うことを明らかにした。

これはバーニー・エクレストン代表が語ったもので、それによれば対象となるのはフォース・インディア、ロータス、そしてザウバーの3チーム。
これらのチームには、開幕までにそれぞれ650万ポンド(約12億円)という大金を支払い、メルボルンのグリッドに着くことを確約させるというもの。

実際これを受けフォース・インディア・チームのボブ・ファーンリー/副代表は、「正直言って今の時期にこの収入はたいへんありがたい。
これにより開幕戦に向けての準備が整うことだろう」と、エクレストン氏の「配慮」に歓迎の意を表している。

|

« F1固定カーナンバー、2年で失効に | トップページ | ホンダ首脳、それでも「準備はできている」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61227392

この記事へのトラックバック一覧です: B.エクレストン氏、弱小チームに賞金前払いの措置:

« F1固定カーナンバー、2年で失効に | トップページ | ホンダ首脳、それでも「準備はできている」 »