« フジテレビ、2015年F1中継に解説者追加 | トップページ | ロベルト・メルヒ、マノーF1(旧マルシア)で開幕戦に »

2015/03/10

2015年シーズン開幕戦にP Zeroイエロー・ソフトとP Zeroホワイト・ミディアムが登場 (ピレリ)

Pi(C)Pirelli Motorsport

オーストラリアグランプリ プレビュー:2015年3月12-15日 メルボルン
・昨年よりも2秒近く速いラップタイムが期待される: ソフトとミディアム間の性能差は、ラップあたり1秒以上に
・2015年型の新しいリアタイヤ構造によって、トラクション、性能、耐久性が向上

2015年3月9日、ミラノ
オーストラリアグランプリの開催地、メルボルンに位置する半常設サーキットのアルバートパークでは、P Zeroイエロー・ソフトとP Zeroホワイト・ミディアムタイヤが使用されます。このサーキットの特徴である滑りやすい路面、低いグリップ、ハイレベルのダウンフォースとヘビーブレーキングなどの要素が、タイヤを酷使させることになります。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「我々にとってFormula One復帰後5年目のシーズンがオーストラリアで幕を開けます。常に非常にチャレンジングで、大勢のファンを魅了する予測不可能なシーズン開幕戦ですから、シーズン中でも屈指のエキサイティングなレースと言えるでしょう。昨年同様、我々が選択したミディアムとソフトコンパウンドは、メルボルンでの非常に広範囲にわたるタイヤへの要求に対応します。新しいリアのタイヤ構造は、トラクションの向上に寄与し、ドライバーがいち早く加速することを可能にします。この点は、今シーズンのマシンのラップタイムが速くなっている一因です。例年そうであるように、シーズンの開幕時は、マシン間の優劣や相対的な性能については未知数です。確かなことは、シーズンの進行とともに性能が確実に向上するということです。これは、マシンとタイヤ間の相互作用による効果です。プレシーズンテストでのタイヤ動作は期待に沿ったものでしたが、もちろん、ドライバーが極限までプッシュするレースとテストでの走行をそのまま比較することはできません。したがって、メルボルンで行われる今週末のレースを、全てのファンが待ち望んでいます」

ピレリジャパン・プレスリリース

タイヤにとってのチャレンジ:
アルバートパークは、1996年からアデレードに代わってオーストラリアグランプリの開催地となっています。半常設のサーキットであるため、特にレース週末の序盤は、レーシングラインが埃っぽく滑りやすい‘グリーン’な状態になりがちです。この状態はホイールスピンを招き、デグラデーションの増大に繋がります。最新世代のターボ・ハイブリッドエンジンによるトルクもホイールスピンを助長します。

縦方向の負荷が横方向の負荷よりも大きくなるメルボルンでは、加速と減速が良い性能を引き出す鍵となります。トラクションが向上した今シーズンのP Zeroタイヤは、この点でも大きな前進を示すでしょう。

10の右回りコーナーと6の左回りコーナーが存在するメルボルンでは、左リアタイヤが最も酷使されます。非常に滑らかなアスファルトによって、タイヤのライフは長くなります。各チームは、ハイ・ダウンフォースのセットアップで走行します。タイヤによるメカニカルグリップが必要となる低速コーナーが数多く存在します。

セーフティーカーがしばしば登場し、天候が予測不可能なオーストラリアでは、柔軟な戦略とタイヤマネージメント能力が実を結びます。現役のドライバーの中では、ジェンソン・バトンがオーストラリアで最も好成績(3勝)を残しており、チーム成績では、11勝を挙げているマクラーレンがトップです(メルボルンでは、フェラーリと並んで6勝を挙げています)。

昨年の戦略とレースの概要:
3番グリッドからスタートしたメルセデスのニコ・ロズベルグが優勝しました。(予選セッションの大半が雨天の中で行われました。)ロズベルグは、トップ9のドライバーが採用したソフト-ソフト-ミディアムと繋ぐ戦略を採りました。レース序盤のセーフティーカー導入を受けて、ロズベルグは12周目に最初のストップを、38周目に2回目のストップを行いました。決勝は58周で行われました。

予想される両コンパウンド間の性能差:
ラップあたり1.2-1.5秒

ピレリチームが選ぶレースナンバー:
#21 ポール・ヘンベリー(ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター)
「私は21を選びます。いろいろな面白いことが起こり始めた年齢ですし、私の誕生日が3月21日(アイルトン・セナの誕生日と同じです)で、夏の始まりを告げる1年で最も昼間が長い日が6月21日あたりということからです」

1

今週の注目ツイッターアカウント:
@takiinoue かつての日本人F1ドライバーは、とても面白く(そして自虐的な)ツイッターアカウントを持っています。彼のこれまでのつぶやきをご存じ無い方は、特に彼が他のドライバーを「タキ井上のようなドライビングだ」と非難する時など、フォロー必至です。

|

« フジテレビ、2015年F1中継に解説者追加 | トップページ | ロベルト・メルヒ、マノーF1(旧マルシア)で開幕戦に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61260195

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年シーズン開幕戦にP Zeroイエロー・ソフトとP Zeroホワイト・ミディアムが登場 (ピレリ):

« フジテレビ、2015年F1中継に解説者追加 | トップページ | ロベルト・メルヒ、マノーF1(旧マルシア)で開幕戦に »