« ウィリアムズ・チーム、「最高の気分で開幕迎えられる」 | トップページ | FIA、シーズン中のヘルメット・デザイン変更禁止通達 »

2015/03/02

各チーム、プレシーズンテストでフルウェットを除く全2015年型タイヤを試す (ピレリ)

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
Pre-Season test three: バルセロナ 2015年2月26-3月1日
・2回のバルセロナテストで、昨年からのラップタイムの向上を確認
・コンパウンドによっては2秒以上速いタイムが計測された
・ピレリ、今週中にオーストラリアグランプリ用のコンパウンド選択を発表予定

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「バルセロナでの最終プレシーズンテストで、各チームが、昨年より大幅に速い2015年型マシンと我々の最新型タイヤとの最終的な相互作用の確認を行いました。昨年より2秒以上速いタイムも計測されていて、軟らかいコンパウンドほど昨年のタイムとの差が大きくなっています。したがって、タイヤの動作状況も昨年から変化し、マシンセットアップやレース戦略に明らかな影響を及ぼすことになります。路面温度は最高で31℃まで達したものの、シーズン中の平均的な温度に比べると全般的にかなり低いものでしたので、特にハードタイヤに関して、(低温下でのテスト結果は)今後注意が必要な要素となります。バルセロナで、各チームは全ての2015年型P Zeroタイヤをテストすることができました。2015年型P Zeroタイヤは、コンパウンドが一新されたスーパーソフトを含め、リアタイヤのタイヤ構造が新しくなっています。ソフトコンパウンドによるタイムがテストでの最速タイムとなり、昨年のスペイングランプリのポールタイムよりも2.5秒ほど速いものでした。雨がぱらつきましたが、インターミディエイトによるわずかな走行機会が得られたのみでした。しかし、昨年と比較すると、大半のチームがシーズンへの準備が整っているようです」

ピレリジャパン・プレスリリース

2015年型タイヤレンジに加え、各チームは、バルセロナでプロトタイプのミディアムタイヤを試すことができました。このプロトタイプタイヤは、通常のミディアムと同等の性能ですが、タイヤ開発の一環としてピレリによって評価されます。プロトタイプ・ミディアムにはカラー・マーキングが施されていませんでした。

各チームには、2015年を通じて110セットのタイヤがテスト用に割り当てられています。

1 4日間のテストを通じて、合計3502周の走行が行われました(前回のバルセロナテストでは3134周、ヘレステストでは2294周の走行が行われました)。昨年のスペイングランプリのポールタイム1分25秒232と比較すると、性能の向上は明らかです。金曜日に計測されたロズベルグのタイムは、前回のバルセロナテストでのベンチマークタイム(グロージャンがスーパーソフトで記録した1分24秒067)を破り、2回のバルセロナテストを通じた最速タイムとなりました。しかし、スーパーソフトはカタロニアサーキットに適しているとは言えないため、新型スーパーソフトの本来の性能を評価することは不可能でした。

これまでのプレシーズンテストにおいて、全チームによって合計41,048.3kmの走行が行われました。

各チームが次にサーキットに登場するのは、3月13日(金)にメルボルンで行われるオーストラリアグランプリのフリー走行1回目です。オーストラリアグランプリ用のピレリのコンパウンド選択は、水曜日までに発表される予定です。

2

|

« ウィリアムズ・チーム、「最高の気分で開幕迎えられる」 | トップページ | FIA、シーズン中のヘルメット・デザイン変更禁止通達 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61219630

この記事へのトラックバック一覧です: 各チーム、プレシーズンテストでフルウェットを除く全2015年型タイヤを試す (ピレリ):

« ウィリアムズ・チーム、「最高の気分で開幕迎えられる」 | トップページ | FIA、シーズン中のヘルメット・デザイン変更禁止通達 »