« ルノー・スポール首脳、「ヘレスのトラブルは解消済」 | トップページ | F1、2017年の『V8-ツィンターボ』案は棄却 »

2015/02/08

フォース・インディア、「マノーの申請には中身がなかった」

Bob Fernley (C)Sahara Force India F1
拡大します
マノー・レーシング(旧マルシアF1)が暫定的に2014年型マシンでの参戦を打診したことについて、F1ストラテジーグループはこれを受け入れないことを決めたが、その先鋒だったとされるフォース・インディア・チームのボブ・ファーンリー/副代表は、「彼らの提案には安全に対する具体的な中身がなかった」と、その理由を明らかにした。

「われわれは真摯に彼らの窮状に理解を示そうとしたが、2014年型マシンを走らせるというその前提にはその後の2015年型新型車について明確なビジョンがなければならない筈だ。
しかし彼らの提案にはそうした具体的なものがみられなかった。
残念ながら、それではわれわれはこれを受け入れることができないということ。
モーターレーシングにおいては、何より安全が優先されるのだからね」

こうした特例を認めるには全会一致が必要。
なお関係者の見方は、「一つでも新たなライバルの出現を阻みたい」という、F1チームのエゴが背景にあるということで一致しているようだ。

|

« ルノー・スポール首脳、「ヘレスのトラブルは解消済」 | トップページ | F1、2017年の『V8-ツィンターボ』案は棄却 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61102146

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、「マノーの申請には中身がなかった」:

« ルノー・スポール首脳、「ヘレスのトラブルは解消済」 | トップページ | F1、2017年の『V8-ツィンターボ』案は棄却 »