« 韓国GP、開催違約金は120億円にも!? | トップページ | マレーシアGPはさらなる開催契約延長に意欲 »

2015/02/13

ウォルフ氏(メルセデス)、「ハミルトンとの契約急ぐべき」

L.Hamilton & T.Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが、メルセデスAMGチームのエース、ルイス・ハミルトン(30歳:イギリス)との契約を急ぐべきと主張している。

2013年シーズン、それまで6年間在籍し2008年には念願の初タイトルを獲得したマクラーレン・チームから移籍、2015年末に現在のメルセデスAMGとの契約が満了するとされるハミルトンだが、これまで交渉が伝えられながらもまだ締結の報はない。
数字の上では今シーズンの戦いに影響はないとは言うものの、トト・ウォルフ氏は次のように語っているという。

「われわれもまたハミルトン本人も、契約を延長すること自体に異論はない筈だ。
であれば、些末なことにとらわれていたずらに時間を費やすよりも、できるだけ早く合意に結びつけることが肝心だと思っている。
さもないと、互いのモチベーションにも影響しかねないからね。
(契約締結に)期限を設けるべきではないとは思うが、ほんとうならシーズンが始まるまでに結着をつけるべきだと思ってるよ」

現在ハミルトンは特定の会社とマネージメント契約しておらず、それが交渉に影響しているとの声も一部には聞かれる。

|

« 韓国GP、開催違約金は120億円にも!? | トップページ | マレーシアGPはさらなる開催契約延長に意欲 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61128089

この記事へのトラックバック一覧です: ウォルフ氏(メルセデス)、「ハミルトンとの契約急ぐべき」:

« 韓国GP、開催違約金は120億円にも!? | トップページ | マレーシアGPはさらなる開催契約延長に意欲 »