« ヘレス合同テスト2日目タイム (2/02) | トップページ | ホンダ責任者、「トラブル解決も勉強のうち」 »

2015/02/03

フォース・インディアにも財政危機の予感

Vijay Mallya (C)Sahara Force India F1
拡大します
いち早く2015年新型車をメキシコで華々しく発表、存在感を示したフォース・インディア・チームだが、その反面財政難が深刻化しているという噂が現実味を帯びてきた。

そもそも現在行われているシーズン前テストに不参加というのも異例だが、ここに来て開幕戦のスターティンググリッドに同チームの姿がないのでは、との観測がヘレス・サーキットのパドックで流れたもの。

伝えられるところでは、フォース・インディアの抱える負債はすでに5千万ユーロ(約66億5千万円)にも達する上に、ヴィジャイ・マルヤ氏らチーム上層部での意思が統一されておらず迷走状態にあるのだという。
さらにメルセデス・エンジンの代金やピレリタイヤへの支払いも目途が付いていないとされる。

このままではシーズン前テストへの参加どころか開幕戦に並ぶことも困難との悲観的な見方すら伝えられているが、そうなれば昨季の11チームから今季は8チームまで減少することになる。

|

« ヘレス合同テスト2日目タイム (2/02) | トップページ | ホンダ責任者、「トラブル解決も勉強のうち」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61077491

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディアにも財政危機の予感:

« ヘレス合同テスト2日目タイム (2/02) | トップページ | ホンダ責任者、「トラブル解決も勉強のうち」 »