« 新井康久(ホンダF1責任者)、「生産的な一日だった」 | トップページ | バルセロナ合同テスト3日目タイム (2/21) »

2015/02/21

テスト進捗も、「予定の半分」とマクラーレン首脳

Signboard (C)McLaren Group
拡大します
これまでのテストでは最も充実した一日を送ったと評価されるマクラーレン・ホンダだが、マクラーレン・チームのエリック・ブイユ代表は「ここまでの進捗状況は予定の半分」と、戒めた。

「確かにこれまでの散々な状況から比べれば今日は増しな一日だったと言えるかも知れないが、こんなことで幻想を抱いてはいけない。
なぜなら今のわれわれは予定の半分にしか達していないのだから。
シーズン前に用意されたテスト期間は全部で12日間。
今日までそのうちの半分が過ぎてしまったのに、われわれはいまやっと走り出したに過ぎないではないか。
残念ながら、残されたたったの6日間で100%の準備ができるなどと甘く考えてはならないよ」

しかしそれでも同代表は「来週の最後のテストで大幅な進化があって欲しい」との希望的観測を口にした。
来週は26日(木)から3月1日までの4日間、シーズン前最後となるテストが同じバルセロナ・サーキットで行われる。

|

« 新井康久(ホンダF1責任者)、「生産的な一日だった」 | トップページ | バルセロナ合同テスト3日目タイム (2/21) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61170624

この記事へのトラックバック一覧です: テスト進捗も、「予定の半分」とマクラーレン首脳:

« 新井康久(ホンダF1責任者)、「生産的な一日だった」 | トップページ | バルセロナ合同テスト3日目タイム (2/21) »