« 低温と非常に粗い路面コンディション下で行われたヘレスでのテスト (ピレリ) | トップページ | 「アロンソ、今回もチーム選択ミス」と、スペイン紙 »

2015/02/07

マノー(マルシア)、中国GPからの参戦を窺う

Marussia Ferrari 『MR03』 (C)Marussia F1 Team
拡大します
2014年型マシンでの参戦をF1ストラテジーグループの反対により断念に追い込まれたマノーF1チーム(旧マルシアF1)だが、2015年のレギュレーションに合致させた新型車の製作を急ぎ、早ければ第3戦の中国GP(4月12日決勝)に間に合わせたい考えのようだ。

これはドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』が報じたもので、日程的に3月の第1戦・第2戦に間に合わせるのは事実上不可能として、2戦欠場を前提として2015年シーズンの参戦を計画するというもの。

もちろんF1は全戦の参加を前提としているが、2014年終盤にもマルシアとケータハム2チームについては終盤2戦の欠場がFIA(国際自動車連盟)から認められた経緯がある。

|

« 低温と非常に粗い路面コンディション下で行われたヘレスでのテスト (ピレリ) | トップページ | 「アロンソ、今回もチーム選択ミス」と、スペイン紙 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61096805

この記事へのトラックバック一覧です: マノー(マルシア)、中国GPからの参戦を窺う:

« 低温と非常に粗い路面コンディション下で行われたヘレスでのテスト (ピレリ) | トップページ | 「アロンソ、今回もチーム選択ミス」と、スペイン紙 »