« アロンソ事故、憶測の否定にマクラーレン躍起 | トップページ | ウォルフ(メルセデス)、ハミルトンとの直接交渉に苦慮 »

2015/02/24

スペイン紙、ホンダ社長交代のF1への影響懸念

Honda (C)Honda Racing
拡大します
日本では農水閣僚の辞任が大きなニュースとして伝えられているが、海外メディアはむしろホンダ社長の突然の交代劇のほうに関心が高まっているようだ。

スペインを代表する日刊紙『マルカ』は、ホンダの伊東孝紳社長辞任の主要な理由として「欠陥エアバッグによる市販車の大量リコール」など市販車部門の不振が原因と指摘する一方、モーターレーシング界においては「ホンダのF1復帰」と「アロンソの獲得」には伊東社長が主体的に関わったとして辞任による悪影響を懸念。
「ホンダの社長交代でF1に影響があるとすればマイナス面しか考えられない」と、危惧している。

伊東社長はF1復帰会見で「新世代のF1へのチャレンジ」を宣言したが、その傍らでマクラーレンのマーティン・ウィットマーシュ代表が「チャレンジの継続」を強調していたのが印象的。
万一またホンダがトヨタ同様、途中でF1参戦を投げ出すようなことになれば、日本への批難は避けられない。

|

« アロンソ事故、憶測の否定にマクラーレン躍起 | トップページ | ウォルフ(メルセデス)、ハミルトンとの直接交渉に苦慮 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61187498

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン紙、ホンダ社長交代のF1への影響懸念:

« アロンソ事故、憶測の否定にマクラーレン躍起 | トップページ | ウォルフ(メルセデス)、ハミルトンとの直接交渉に苦慮 »