« ホンダ、「カスタマー供給どころじゃない」 | トップページ | FIA、TVカメラ・ブラケット修正指示 »

2015/02/25

C.ホーナー代表(レッドブル)、「まだメルセデスとは差」

Christian Horner (C)RedBull Racing
拡大します
昨シーズン、メルセデス陣営と比べ非力なルノー・エンジン搭載で苦戦したレッドブル・レーシングだが、これまで2回のシーズン前テストを終え「まだメルセデスとは差がある」ことを認めている。

これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表がドイツの専門誌『アウトモーター・ウント・スポルト』に語ったもので、その中でこのイギリス人は「今年のルノー・エンジンが昨年より出力を上げていることは確認できた。
しかし全域に渡ってというものではない。
そのためそれがドライバビリティに影響を及ぼしているのも事実だ。
ただ、そうした問題はある程度ソフトウェアの進化によって解決できるものと考えている。
今はまだメルセデスに後れを取っているが、開幕までになんとか追い付きたいと思っているよ」と、語っている。

これまでのテストでは同チームのリカルドがトップタイムを記録するなどしているが、その一方でメルセデスAMGはまだ100%の実力を披瀝していないとも受け止められている。

|

« ホンダ、「カスタマー供給どころじゃない」 | トップページ | FIA、TVカメラ・ブラケット修正指示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61192934

この記事へのトラックバック一覧です: C.ホーナー代表(レッドブル)、「まだメルセデスとは差」:

« ホンダ、「カスタマー供給どころじゃない」 | トップページ | FIA、TVカメラ・ブラケット修正指示 »