« 資金難ロータス・チーム、2015年参加費未払いか | トップページ | 「バーチャル・セーフティカー」、FIAが実行手順を明らかに »

2015/01/09

レッドブル、新スーパーライセンス発給規定への対応へ

Alex Lynn/GP3 (C)Redbull Racing
拡大します
今年わずか17歳でのF1デビューが予定されるマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)への懸念が高まったことにより、FIA(国際自動車連盟)は2016年から導入する厳格化されたスーパーライセンス発給規定を明らかにした。

具体的には過去3年間に指定されたシリーズでトータル40ポイント以上の獲得を規定したが、例えばGP2ならチャンピオンになれば50ポイントが獲得できるが、GP3の場合には30ポイントしか獲得できず、これだけではF1にステップアップできないことになる。

これを受け、レッドブル・レーシングでは2014年GP3に参戦したアレックス・リン(21歳:イギリス)について、将来のスーパーライセンス獲得を目途に今季さらに上位シリーズであるGP2シリーズへ参戦させることを決めたとのことだ。
リンは昨季2位に40ポイント以上の大きな差を付けてGP3王者に輝いている。

|

« 資金難ロータス・チーム、2015年参加費未払いか | トップページ | 「バーチャル・セーフティカー」、FIAが実行手順を明らかに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60945376

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル、新スーパーライセンス発給規定への対応へ:

« 資金難ロータス・チーム、2015年参加費未払いか | トップページ | 「バーチャル・セーフティカー」、FIAが実行手順を明らかに »