« 復活マクラーレン・ホンダ、シェイクダウンはアロンソに | トップページ | ハースF1チーム、ダラーラ社と共にマシン開発開始 »

2015/01/24

ピレリ首脳、今シーズン大幅なタイムアップを想定

Paul Hembery (C)Pirelli Motorsport
拡大します
近く始まるヘレス合同テストを前に、今シーズンもF1にタイヤを独占供給するピレリタイヤでは大幅なタイムアップを想定していることを明らかにした。

これは同陣営のポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターがイギリスの専門誌『オートスポーツ』に語ったもの。
その中で同氏は「昨年はコンサバな方針でF1タイヤを開発供給したが、今シーズンは基本的にアグレッシブな方向で進めることに変更する。
これにより大幅なタイムアップが図られるのは確実で、それはシーズン前テストの段階から明確に現れるだろう。
シーズンが始まれば、サーキットによってはおそらく1周で2-3秒は短縮されるのではないか」と、語っている。

2014年のレギュレーション変更では全体にスピード低下となったことが指摘されるが、1年でこれは改善されるかも知れない。

|

« 復活マクラーレン・ホンダ、シェイクダウンはアロンソに | トップページ | ハースF1チーム、ダラーラ社と共にマシン開発開始 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61021817

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ首脳、今シーズン大幅なタイムアップを想定:

« 復活マクラーレン・ホンダ、シェイクダウンはアロンソに | トップページ | ハースF1チーム、ダラーラ社と共にマシン開発開始 »