« ザウバー・チーム首脳、「マルシエロは実戦を意識して育成」 | トップページ | ジェンソン・バトン、道端ジェシカさんとの結婚を発表 »

2015/01/02

フランク・モンタニーにドライバー生命の危機

Frank Montagny (C)Panasonic Toyota Racing
拡大します
元スーパー・アグリ等のF1ドライバーで、2014年シーズンは新スタートしたばかりの『フォーミュラE』シリーズにアンドレッティ・チームから参戦するフランク・モンタニー(36歳:フランス)にドライバー生命の危機が迫っているかも知れない。

これはフランスの有力紙『レキップ』が報じたもので、それによれば昨年11月に行われた第2戦マレーシア・ラウンドの直後にドーピング検査が行われ、その際モンタニーにコカイン関連の陽性反応が示されたというもの。
これについて本人が使用を認めているとされ、最悪の場合FIA(国際自動車連盟)からライセンス剥奪の処分を受ける可能性もあるという。

モンタニーはルノーやジョーダンでF1テストドライバーを務めた後、2006年シーズンに当時のスーパー・アグリから7戦だけグランプリに出走(最高位16位)、翌年はトヨタ・チームのテスト&リザーブドライバーを務めた。
なおフォーミュラEマレーシア戦の後はジャン・エリック・ベルニュにシートを譲っていた。

|

« ザウバー・チーム首脳、「マルシエロは実戦を意識して育成」 | トップページ | ジェンソン・バトン、道端ジェシカさんとの結婚を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60907997

この記事へのトラックバック一覧です: フランク・モンタニーにドライバー生命の危機:

« ザウバー・チーム首脳、「マルシエロは実戦を意識して育成」 | トップページ | ジェンソン・バトン、道端ジェシカさんとの結婚を発表 »