« ピレリタイヤ首脳、チームの協力体制に不満吐露 | トップページ | 渦中のロータス・チームもクラッシュテスト合格 »

2015/01/18

ロシアGP、決勝レーススタート時刻を1時間繰り上げへ

Sochi Circuit (C)Mercedes Motorsports
拡大します
FIA(国際自動車連盟)の事故調査委員会は各グランプリ主催者に対し、日没の4時間前に決勝レースをスタートさせるよう勧告しているが、今年10月に予定される第16戦のロシアGPがこれに応じてスタート時刻を1時間早めることを決めたことが伝えられた。

それによれば2014年のロシアGPは現地時間:15時(日本時間:20時)のスタートだったものを14時に繰り上げるというもの。
これによりロシアGPの決勝レースはヨーロッパ主要国では13時から12時ということになるがいずれにせよヨーロッパではお昼時。
すでに指摘されているアジアや豪州等の早朝時とは違い、大勢に影響はない時間帯ではある。

なお事故調査委員会発足のきっかけとなった日本GP(15時スタート)についてはまだ明確な動きは出ていない。

|

« ピレリタイヤ首脳、チームの協力体制に不満吐露 | トップページ | 渦中のロータス・チームもクラッシュテスト合格 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60991463

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアGP、決勝レーススタート時刻を1時間繰り上げへ:

« ピレリタイヤ首脳、チームの協力体制に不満吐露 | トップページ | 渦中のロータス・チームもクラッシュテスト合格 »