« パット・シモンズT/O(ウィリアムズ)、「2015年こそ勝負の年」 | トップページ | メルセデスAMGチーム、ハミルトンに高額3年契約を呈示 »

2015/01/13

開幕戦豪GP、事故調の勧告にもかかわらず予定通り

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2015年も開幕戦となるオーストリアGPだが、そのタイムスケジュールについて主催者は『予定通り』として、従来通り決勝レースが現地時間午後5時(17時)のスタートになることを再確認した。

これは、先の日本GPで起きたジュール・ビアンキ(マルシア)の事故をきっかけに設立されたFIA(国際自動車連盟)の事故調査委員会が、「ナイトレースを除き、決勝レースの開始時刻は日没の4時間以上前に設定すべき」と、勧告していたもの。
しかしこのFIA安全委員会のピーター・ライト氏が会長を務める事故調に勧告の強制力はなく、オーストリアGPの主催者も事実上これを拒否した形となっている。

というのも現在の午後5時スタートでもヨーロッパ主要国では早朝の午前7時。
これがさらに早められると未明ないし夜中ということになり、欧州のファンにとっては観戦の障害になりかねないからだ。
一方でパーマネント・サーキットでないオーストラリアGPではナイトレースに移行するのも困難という事情がある。

|

« パット・シモンズT/O(ウィリアムズ)、「2015年こそ勝負の年」 | トップページ | メルセデスAMGチーム、ハミルトンに高額3年契約を呈示 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60966413

この記事へのトラックバック一覧です: 開幕戦豪GP、事故調の勧告にもかかわらず予定通り:

« パット・シモンズT/O(ウィリアムズ)、「2015年こそ勝負の年」 | トップページ | メルセデスAMGチーム、ハミルトンに高額3年契約を呈示 »