« レッドブル、新スーパーライセンス発給規定への対応へ | トップページ | マクラーレン・ホンダの新型車発表は1月29日に »

2015/01/10

「バーチャル・セーフティカー」、FIAが実行手順を明らかに

Digiflag (C)Renault F1 UK
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、2015年シーズンに正式導入することを決めたいわゆる「バーチャル・セーフティカー」について、このほどその実行手順を明らかにした。

これは、先の日本GPで起きたジュール・ビアンキ(マルシア)のアクシデントをきっかけに導入が検討されていたもの。
想定する事例として、コース上に何らかの危険が生じた場合に、セーフティカーを投入するほどではないと判断された時に「コースサイドの電子掲示板やコースマーシャルによるフラッグで『VSC』を表示。
警告すると共にコントロールタワーからコース上の各マシンのECU(エンジン・コントロール・ユニット)に信号を出し強制的に速度を制限させる」というものだ。

なおドライバーは、タイヤ交換の目的以外はピットインは許されない。
また各マーシャリング・セクターで少なくとも一度はFIAによって設定された最小タイムで走らなければならなず、制限を守らないドライバーはスチュワードによってペナルティが科せられる。
罰せられる。

また危険な状況が解決されたとコントロールタワーで判断した場合には、バーチャルセーフティカーが終了することがオフィシャル・メッセージ・システムでチーム側に伝えられ、その後10~15秒後にFIAのライトパネル上の『VSC』はグリーンへと変更となりレースが再開。
30秒後にグリーンライトは消えることになっている。

|

« レッドブル、新スーパーライセンス発給規定への対応へ | トップページ | マクラーレン・ホンダの新型車発表は1月29日に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60949636

この記事へのトラックバック一覧です: 「バーチャル・セーフティカー」、FIAが実行手順を明らかに:

« レッドブル、新スーパーライセンス発給規定への対応へ | トップページ | マクラーレン・ホンダの新型車発表は1月29日に »