« 『テレフォニカ』、マクラーレンの冠スポンサー否定 | トップページ | FIA、異議多数でスーパーライセンス規定見直しも »

2015/01/19

マルシアF1、チーム消滅のタイムリミット迫る

Marussia Ferrari 『MR03』 (C)Marussia F1 Team
拡大します
ケータハムF1と共にチーム消滅の危機がささやかれるマルシアF1だが、目に見える展開がないままいたずらに月日が過ぎ、情勢は厳しいものになりつつあるようだ。

これについて同チームでスポーティング・ディレクターを務めたグレーム・ロードン氏は次のように語っている。
「確かにチームはいま財政的にとても厳しい状況にあって、各方面から心配されているのも事実だ。
実際、これまで何回か機材がオークションに掛けられているのでそうした不安も指摘されているけどね。
でもまだチームが必要とする備品がしっかりと残されているのも事実なんだ。
例えば名前が変わったりはあるかも知れないけれど、われわれはこのF1という世界で生き延びることを確信しているね。
結論はもうここ数日のうちに明らかになることだろう」

FIA(国際自動車連盟)が先に発表した2015年のF1エントリーリストでは、マルシアは『マノー』という名称で掲載されていたことにも注目が集まっている。

|

« 『テレフォニカ』、マクラーレンの冠スポンサー否定 | トップページ | FIA、異議多数でスーパーライセンス規定見直しも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60997241

この記事へのトラックバック一覧です: マルシアF1、チーム消滅のタイムリミット迫る:

« 『テレフォニカ』、マクラーレンの冠スポンサー否定 | トップページ | FIA、異議多数でスーパーライセンス規定見直しも »