« FIA、スーパーライセンスの発給要件強化を正式発表 | トップページ | F1スーパーライセンスのポイント・システム詳細 »

2015/01/07

F1エンジン開発凍結解除でさらにメルセデス独走の可能性

Mercedes V6 F1 Engine (C)Mercedes Motorsport
拡大します
先に指摘されたF1レギュレーションの抜け穴により、今年2年目を迎える現行エンジン・メーカーはシーズン中の開発が部分的にせよ許されることがほぼ明らかとなった。

これにより、今シーズンからマクラーレン・チームと共に新規参入するホンダが著しく不利になる一方、現行エンジンの中ではこれまでも優位を保っていたメルセデス・エンジンがさらにその差を拡大することになりそうだ。

これはルノー・エンジン陣営のリーダーであるレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表が語ったもので、その中でこのイギリス人は「ライバルにも開発のチャンスがあるということは、決して平等ではない。
われわれが追い付こうとしている間に先頭のランナーはもっと先を行ってしまうことになるからね。
結局のところ、1年経ってもメルセデス・エンジンのチームの優位は変わらないだろうということだよ」と、自虐的。
しかしもっと悲観的なのはマクラーレン・ホンダだろう。

|

« FIA、スーパーライセンスの発給要件強化を正式発表 | トップページ | F1スーパーライセンスのポイント・システム詳細 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60935355

この記事へのトラックバック一覧です: F1エンジン開発凍結解除でさらにメルセデス独走の可能性:

« FIA、スーパーライセンスの発給要件強化を正式発表 | トップページ | F1スーパーライセンスのポイント・システム詳細 »