« デビューテスト不調のマクラーレン・ホンダ、『追試』へ | トップページ | マクラーレン『MP4-30』、FIAクラッシュテストをクリア »

2014/12/14

ホンダ製パワーユニットはメルセデス・タイプ踏襲

Honda V6 Power Unit(C)Honda Racing
拡大します
2015年のF1には新たにホンダがマクラーレン・チームと共に戦線に加わるが、そのホンダ製パワーユニットの形式が今季のF1を席巻したメルセデスのものとほとんど同じであると伝えられている。

2.4リッターV型8気筒から1.6リッターV型6気筒ターボに変わった今シーズン、例えばルノーのものはエンジンの後部にタービンとコンプレッサーを共に設置するスタンダードなものだが、メルセデスのそれはコンプレッサーをエンジンの前部にする一方、タービンをエンジン後部に設置するという分離型を採用。
これにより重量バランスや冷却面で有利になったとみられる。

関係者によればホンダのものもこれと同じ形式であるのだという。
ただ戦前からメルセデスはマクラーレン・チームを通じてホンダ側に情報やデータが洩れるのを警戒していて、今後物議を醸す可能性もないとは言えないようだ。

|

« デビューテスト不調のマクラーレン・ホンダ、『追試』へ | トップページ | マクラーレン『MP4-30』、FIAクラッシュテストをクリア »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60806636

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ製パワーユニットはメルセデス・タイプ踏襲:

« デビューテスト不調のマクラーレン・ホンダ、『追試』へ | トップページ | マクラーレン『MP4-30』、FIAクラッシュテストをクリア »