« クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)、それでも「最高の年だった」 | トップページ | コスト削減図るエクレストン氏、旧エンジン規定復帰に本腰 »

2014/12/21

パワーユニット基数のトリック、抜け道を塞がれる

Power Unit Image (C)Honda Racing
拡大します
当初年間20戦として発表された2015年シーズンのF1について、FIA(国際自動車連盟)は突然韓国GPを追加、全21戦という例を見ないスケジュールとされたが、これは「20戦までなら一人のドライバーあたり年間4基まで」というパワーユニットの制限をクリアするため、名目上21戦として「5基目を確保」、その後実際には開催予定がない韓国GPを休止させる、というバーニー・エクレストン氏が目論んだ企てだと報じられた。

しかし先週末行われたF1委員会では、パワーユニットが1基増えるとコストが大幅に増加するとしてグランプリ数にかかわらず年間4基までという制限が設けられたという。
それによれば1基増すごとに80万ユーロ(約1億1,700万円)もの負担が増加すると計算されている。

事実であれば結果的にエクレストン氏が韓国GPをカレンダーに追加掲載した意味がなくなることになり、今後同グランプリがどのような扱いを受けるのか注目される。

|

« クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)、それでも「最高の年だった」 | トップページ | コスト削減図るエクレストン氏、旧エンジン規定復帰に本腰 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60841605

この記事へのトラックバック一覧です: パワーユニット基数のトリック、抜け道を塞がれる:

« クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)、それでも「最高の年だった」 | トップページ | コスト削減図るエクレストン氏、旧エンジン規定復帰に本腰 »