« 来季ドライバー発表か、マクラーレン11日(木)に『重大発表』 | トップページ | マクラーレン・チーム、冠スポンサー発表にも期待 »

2014/12/11

小林可夢偉、スーパー・フォーミュラ・テストで最速タイム

小林 可夢偉
10日(水)、岡山国際サーキットで行われたスーパー・フォーミュラの『メーカー・ルーキーテスト』に臨んだ前ケータハムF1の小林可夢偉(28歳)が、午前・午後両セッションでいずれもトップタイムを記録し、F1ドライバーとして気を吐いた。

それによれば午前は小林可夢偉、中嶋一貴、佐藤琢磨、松田次生、佐々木大樹の順。
また午後は小林可夢偉、ヤン・マーデンボロー、佐藤琢磨、ファビオ・ライマー、中嶋一貴の順と、いずれのセッションにおいても小林可夢偉(Team KYGNUS SUNOCO SF14)が貫禄をみせた。
なお、小林可夢偉がフォーミュラカーで岡山を走るのは12年ぶりになる。

ただこれが直ちに小林可夢偉の国内レース復帰に繋がるものではないという。

|

« 来季ドライバー発表か、マクラーレン11日(木)に『重大発表』 | トップページ | マクラーレン・チーム、冠スポンサー発表にも期待 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/60792470

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉、スーパー・フォーミュラ・テストで最速タイム:

« 来季ドライバー発表か、マクラーレン11日(木)に『重大発表』 | トップページ | マクラーレン・チーム、冠スポンサー発表にも期待 »